運動遊びと集中力の結びつき

2017-09-06

こんにちは。こどもプラス行徳教室です。

今日は運動遊びが学力に必要な集中力を高めるお話をしたいと思います。

 

私たちが行っている運動遊びには、

子どもたちの社会性の強化やメンタルヘルスの改善、

ストレスからの回復力の増強、創造性、脳を活性化など、様々な効果があります。

得に、脳が活性化され元気になることで学習面にも良い影響が最近の脳科学でわかってきました。

 

運動後の脳内は活性化します。脳の活性化とはつまり、脳機能を向上させるということです。

得に運動後が子どもの集中力を高めてくれるという効果があることがわかってきて、

学力を向上させるためのも良いのです。

よく子ども達が体を動かした後はパワーを発散したから落ち着いて話が聞けるとか、

何かに取り組みやすくなるという姿をみたことがあると思います。

子どもは運動した後、筋肉からの刺激が脳に伝わり集中力を司る領域が、元気に働くようになるのです。

詳しく説明すると、私たちの脳の中でも、最も難しい仕事をしている

「前頭前野」という場所があります。

この部分は高次中枢と言われている力を司っています。その中で集中力を担当する場所が運動によって刺激されて

元気に活動できるようになった結果、子どもたちは運動後に集中力をうまくコントローできるようになるのです。

このように、集中力を高めるために運動はとっても、効果的なんですね♪

 

こどもプラスでは、子どもたちの「脳の活性化」になるような運動療育を

これからも行ってまいります。

今日はちょっとだけ難しいお話になりましたが

最後まで読んでくださりありがとうございました。

032   005

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号047-321-6425 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 予約状況
キャンセル待ち

    見学会・イベントのご案内

    療育プログラムの紹介

    職員のご紹介

    header_logo

    header_logo

    header_logo

    最近の投稿

    過去の投稿

    アンケート結果

    お問い合わせ

    こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

    運営会社について

    職員の募集

    ▲page top